遺産分割協議

遺言がない場合は、法律に定められた相続人が遺産を相続することになります。
相続財産は相続人全員の共同財産となりますがその財産を具体的に誰がどのように取得するかを話し合うのが「遺産分割協議」です。


協議によって取り決めた内容を書類にまとめたものが遺産分割協議書であり、遺言によらず相続をする際必要になります。