遺言執行者

遺言書による行為を正確に行わせるための代行者を遺言書にて指名することができます。


遺言執行者の具体的な任務
・相続財産リスト(目録)を作成し、相続人・受遺者へ交付する。
・受遺者に対して、遺贈を受けるかどうか確かめる。
・遺言による認知があった場合、市町村役場に戸籍の届出をする。
・相続人を廃除する旨の遺言があった場合、家庭裁判所に廃除の申立てをする。
・不動産があるときは、相続登記の手続をする。
・遺言に従って受遺者へ財産を引き渡す。
・相続財産の管理、その他遺言の執行に必要な一切の行為をする。